コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビドゴシュチ ビドゴシュチ Bydgoszcz

4件 の用語解説(ビドゴシュチの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビドゴシュチ
ビドゴシュチ
Bydgoszcz

ポーランド北部,クヤフスコ・ポモルスキェ県の県都。ドイツ語ではブロンベルク Bromberg。ウィスワ川支流のブルダ川とビドゴシュチ運河沿いに位置する。初めはドイツ騎士団の城塞都市であったが,1346年カジミエシ3世 (大王) により都市権が与えられ,1772年からはプロシア領となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ビドゴシュチ

ポーランド中西部,ビスワ川の支流ブルダ川に臨む都市。ドイツ名はブロンベルクBromberg。ビスワ川と結ぶ運河の要港であり,鉄道の要地。農産物の集散地で,機械,車両,化学・繊維などの工業が行われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ビドゴシュチ【Bydgoszcz】

ポーランド中部,同名県の県都。人口38万5700(1995)。ビスワ川支流のブルダ川沿いにある。13世紀に初めて城塞が建設され,1346年に都市法を獲得した。穀物や木材の集積地として経済的発展が始まったのは,ポーランドが海への出口グダンスクを獲得した1466年以降のことである。17世紀半ばの戦乱で荒廃したが,第1次ポーランド分割プロイセン領となり,ビドゴシュチ運河(ブルダ川~ノテチ川間)が建設(1773‐74)されて,産業・交通の要地としての地位を確立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビドゴシュチ
びどごしゅち
Bydgoszcz

ポーランド中北部、クヤフスコ・ポモジェ県の県庁所在地ポズナニの北東約100キロメートル、ビスワ川が大きく北東に流路を変える地点の左岸にある。人口38万3213(2001)。ドイツ語名ブロムベルクBromberg。14世紀にチュートン騎士団の開拓拠点となった古い町で、歴史的建造物も多い。ビエルコポルスカ地方の一角、肥沃(ひよく)なクヤビ平野の農業地帯を背後に控え、その文化・科学の中心都市として繁栄した。ビスワ川とオドラ(オーデル)川を結ぶ全長25キロメートルのビドゴシュチ運河が市域を通過し、400トンの船が航行できる。上シロンスク(シュレージエン)からグダニスクへの幹線鉄道の建設以来、工業発展も著しく、地方資源を利用した木材加工、皮革、食品のほか、各種機械(電気、工作、精密)などの工業が盛んである。[山本 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビドゴシュチの関連キーワードウッチエルブロンクカリシュヘウムポズナンラドムカトビツェイェレニャ・グーラジェローナ・グーラブウォツワベク

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビドゴシュチの関連情報