コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘコアユ Aeoliscus strigatus; razorfish

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘコアユ
Aeoliscus strigatus; razorfish

トゲウオ目ヘコアユ科の海水魚。全長 15cm内外。体は極端に側扁し,3縦列の甲板で覆われる。管状に伸び,先端の口には歯がない。体の後端にあるとげは背鰭の第1棘で,その下に背鰭軟条部や尾鰭がある。体は淡黄褐色で,吻端から暗色縦帯が体後方へ走る。サンゴ礁域の浅所の砂泥底に群棲し,ほとんど常に逆立ち状態で泳ぐ。相模湾以南,インド・西太平洋域に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘコアユ
へこあゆ / 兵児鮎
shrimp fish
[学]Aeoliscus strigatus

硬骨魚綱トゲウオ目ヘコアユ科に属する海水魚。相模(さがみ)湾以南、西太平洋とハワイ、インド洋、オーストラリアの間の水域に広く分布する。体は薄くてよく側扁(そくへん)し、背骨に連なった薄い骨板で覆われる。吻(ふん)は長く突出し、口は小さくて両顎(りょうがく)に歯がない。背びれ第1棘(きょく)は長くて体の後端にあり、第2背びれは尾びれに接近し、ともに体の腹縁にあるのが大きな特徴。サンゴ礁や浅海の砂底域にすみ、小さい甲殻類などの動物プランクトンを食べる。全長15センチメートル。頭を下にして垂直姿勢で泳ぐことで有名。ガンガゼなどウニ類の棘(とげ)に守られながら、その間に小さい群れですむ。体側や背中の暗色縦帯は、ウニ類の黒くて長い棘に似せたものといわれる。化石はヨーロッパの漸新世(ぜんしんせい)~中新世の地層から発見されている。日本には本種によく似たヨロイウオCentriscus scutatusがおり、背びれ第1棘に関節がなく、体側に暗色の縦帯がないのが特徴である。[落合 明・尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヘコアユの関連キーワードヘコアユ(兵児鮎)兵児鮎

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android