コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘッドホン ヘッドホン headphone

翻訳|headphone

5件 の用語解説(ヘッドホンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘッドホン
ヘッドホン
headphone

電気信号を音響に変換する機器の一つ (→イヤホン ) 。バンドで頭に掛け,両耳のまわりに小さいスピーカをあてがって聞く構造になっている。耳と耳当ての関係から密閉型と開放型,駆動方式からダイナミック型やコンデンサ型,信号方式からモノラル用,ステレオ用などの種類がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ヘッドホン(headphone)

《「ヘッドフォン」とも》ラジオ・ステレオなどを聞く時に用いる。両耳をおおう形の小型のスピーカー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヘッドホン

頭に掛ける支持物に取り付けられ,両耳にあてる受話器。交換扱者用電話機の受話器,無線通信用受話器,録音の再生モニター用受話器などに利用され,放送・電話等を一人で聞くために使用する。
→関連項目受話器

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ヘッドホン【headphone】

〔ヘッドホーンとも〕
頭にかけて使用する、両耳をおおう形のレシーバー。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘッドホン
へっどほん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヘッドホンの言及

【イアホン】より

…耳栓型は載頭型に比べて音質は劣るが,小型軽便であるので,補聴器やポータブルラジオなどの受聴,国際会議場における同時通訳などに多く用いられる。載頭型はヘッドホンheadphoneと呼ばれ,密閉型と開放型に分けられる。密閉型には耳当てで耳介の周囲を覆う耳覆い型circumaural typeと耳介の上から押し当てる耳当て型supraaural typeとがあり,できるだけ音の漏洩(ろうえい)を少なくしている。…

※「ヘッドホン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヘッドホンの関連キーワードアップスキャンコンバーター走査ダウンスキャンコンバーターメディアコンバーター蓄積管MMカートリッジMCカートリッジ光スイッチメディアコンバータトランスジューサー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヘッドホンの関連情報