コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘムステルホイス Hemsterhuis, Franz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘムステルホイス
Hemsterhuis, Franz

[生]1721.12.27. フラーネケル
[没]1790.7.7. ハーグ
オランダの哲学者。美的汎神論的新プラトン主義に立ち,のちのドイツ・ロマン派に影響を与えた。数学者ティベリウス・ヘムステルホイスを父とし,数学,天文学,物理学などを学び,1747年以来ライデンでギリシアやローマの古典を研究。 J.ロックや A.クーパーなどの影響を受けた。彼による美の定義「美とは最短の時間のうちに,最大多数の観念を告げるものである」は,よく知られている。主著『彫刻論』 Lettre sur la sculpture (1769) ,『人間とその関係』 Lettre sur l'homme et ses rapports (72) ,『シモン』 Simon (90) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘムステルホイス
へむすてるほいす
Franciscus Hemsterhuis
(1721―1790)

オランダの哲学者。父は著名なギリシア学者・数学者。ニュートン、シャフツベリー、ロックの影響を受け、ソクラテス、プラトンが思索の模範であった。彼は哲学の根本を自分自身を知ることに求める。汎神(はんしん)論的新プラトン主義の立場にたち、非合理主義の流れをくむ。ドイツのシュトゥルム・ウント・ドラング(疾風怒濤(しっぷうどとう)時代)、ロマン主義に影響を及ぼし、啓蒙(けいもう)主義の克服に寄与した。[常葉謙二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

ヘムステルホイス

生年月日:1685年1月9日
オランダの古典学者
1766年没

ヘムステルホイス

生年月日:1721年12月27日
オランダの哲学者
1790年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ヘムステルホイスの関連キーワード生年月日