コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘルウェーク Herwegh, Georg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘルウェーク
Herwegh, Georg

[生]1817.5.31. シュツットガルト
[没]1875.4.7. バーデンバーデン
ドイツの詩人。政治詩集『生ある者の詩』 Gedichte eines Lebendigen (1841) は,革命的な時代の風潮に大きな影響を与えた。彼自身も積極的な政治活動を行い,二月革命 (48) ののちパリにおいてドイツ人の指導者となり,4月には労働者集団を率いてバーデンに入った。ほかに『新詩集』 Neue Gedichte (77) など。 A.ラマルチーヌの翻訳もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘルウェーク【Georg Herwegh】

1817‐75
ドイツの詩人。シュトゥットガルトに生まれる。チュービンゲン神学校を放校処分されたあと文筆活動に入る。《生きる者の詩》(1841)が爆発的人気をよび,ヘルウェークは凱旋将軍さながらにスイスから帰国。ジャン・パウル,ベルネの流れをくむ若いヘルウェークは,ハイネとはまっこうから対立する左翼急進主義者であった。ヘルダーリン韻律に鍛えられた彼の有名な政治詩の数々は,革命的幻想を熱狂的にうたいあげる詩人の陶酔感に支えられていたといってよい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘルウェーク
へるうぇーく
Georg Herwegh
(1817―1875)

ドイツの詩人。シュトゥットガルト生まれ。格調の高いリズムと熱情に支えられた『生きる者の詩』(1841)で、革命的な時代風潮にあった全ドイツに一大センセーションを巻き起こす。1842年以後、カール・マルクスと交友。48年の三月革命では、バーデンの反乱軍を率いて政府軍と戦う。その後、ドイツの社会主義者F・ラサールを通じて革命的労働運動への理解を深め、やがて「プロレタリアートの歌い手」に変貌(へんぼう)していく。全ドイツ労働者協会の有名な『同盟歌』(1863)は、ヘルウェークの作詩によるもの。[林 睦實]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヘルウェークの言及

【ウェストファーレン】より

…地域自治権の拡大にK.シュタインの果たした役割は大きい。
[自然,産業]
 南部のザウアーラントSauerland,北部のミュンスターラント,両地域に挟まれるヘルウェークラントシャフト,東部のウェーザーベルクラントに大別される。ザウアーラントは南はジーク川,北はルール川,メーネMöhne川に挟まれる山地で,農耕には適さず,鉱工業が早くから発達した。…

※「ヘルウェーク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヘルウェークの関連キーワードジャン・パウルヒルデスハイムドルトムント若きドイツハーメルンエッセンゾースト

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android