ヘルツスプルング=ラッセル図(読み)ヘルツスプルング=ラッセルず(英語表記)Hertzsprung-Russell diagram

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘルツスプルング=ラッセル図
ヘルツスプルング=ラッセルず
Hertzsprung-Russell diagram

略して HR図表ともいう。横軸にの表面温度を示すスペクトル型ないしは色指数をとり,縦軸に絶対等級 (絶対光度 ) をとって,恒星をその上に位置づけたもので,現代天文学上重要な位置を占める図表。この図によると,太陽に近い多くの恒星は,左上 (明るく高温) から右下 (暗く低温) への線上に並び,これを主系列というが,そのほか絶対等級0等付近に水平な赤色巨星列,左下に白色矮星の群れなどが現れる。また球状星団内に多くみられる第 II種族の星 (→恒星の種族 ) は,これとやや異なった配列を示す。この図を用いて恒星の進化を理論づけようという試みが行われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android