コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘルブルン宮殿 ヘルブルンキュウデン

デジタル大辞泉の解説

ヘルブルン‐きゅうでん【ヘルブルン宮殿】

Schloß Hellbrunn》オーストリア中部の都市ザルツブルクの旧市街にある宮殿。17世紀初め、ザルツブルク大司教マルクス=ジティクス=フォン=ホーエネムスが夏の離宮として建造。さまざまな仕掛けを施した噴水があることで有名。旧市街を中心とする他の歴史的建造物も含め、1996年に「ザルツブルク市街の歴史地区」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

ヘルブルンきゅうでん【ヘルブルン宮殿】

オーストリア中部、首都ウィーンの西約300kmにあるザルツブルク(Salzburg)市街の南約5km、バスで15分ほどの場所にある建造物。17世紀初め、イタリア人宮廷建築家サンティーノ・ソラーリの設計による後期ルネサンス様式の宮殿と、池や噴水のある庭園がある。この特徴ある庭園から「水の宮殿」、あるいは「水の庭園」とも呼ばれる。1613年に、当時この一帯の実質的な支配者だった大司教マルクス・シティクス(在位1612~1619年)の要望により、夏の離宮として着工し、1616年に完成した。◇現地名は「Schloss Hellbrunn」。マスカニスの壁画や天井画がある宮殿の大広間や八角堂があり、庭園には温室、動物園、野外劇場、さまざまな趣向を凝らした洞窟などがある。庭園は無料で開放されている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

ヘルブルン宮殿の関連キーワードヘルブルン宮殿アウグストゥスブルク宮殿ウィルヘルムスヘーエ城ウェルニゲローデ城エステルハージ宮殿エステルハージ城カールスルーエ城グリュックスブルク城シャルロッテンブルク宮殿チェチリエンホーフ宮殿

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヘルブルン宮殿の関連情報