コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘルブルン宮殿 ヘルブルンキュウデン

2件 の用語解説(ヘルブルン宮殿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ヘルブルン‐きゅうでん【ヘルブルン宮殿】

Schloß Hellbrunn》オーストリア中部の都市ザルツブルクの旧市街にある宮殿。17世紀初め、ザルツブルク大司教マルクス=ジティクス=フォン=ホーエネムスが夏の離宮として建造。さまざまな仕掛けを施した噴水があることで有名。旧市街を中心とする他の歴史的建造物も含め、1996年に「ザルツブルク市街の歴史地区」として世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

ヘルブルンきゅうでん【ヘルブルン宮殿】

オーストリア中部、首都ウィーンの西約300kmにあるザルツブルク(Salzburg)市街の南約5km、バスで15分ほどの場所にある建造物。17世紀初め、イタリア人宮廷建築家サンティーノ・ソラーリの設計による後期ルネサンス様式の宮殿と、池や噴水のある庭園がある。この特徴ある庭園から「水の宮殿」、あるいは「水の庭園」とも呼ばれる。1613年に、当時この一帯の実質的な支配者だった大司教マルクス・シティクス(在位1612~1619年)の要望により、夏の離宮として着工し、1616年に完成した。◇現地名は「Schloss Hellbrunn」。マスカニスの壁画や天井画がある宮殿の大広間や八角堂があり、庭園には温室、動物園、野外劇場、さまざまな趣向を凝らした洞窟などがある。庭園は無料で開放されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘルブルン宮殿の関連キーワードウィーン学派維納ウィーンの森カーレンベルクウィーン気質ウィーンの朝、昼、晩ウィーンの花の舞踏会ウィーンフィル舞踏会ウィーンマラソンレゾナンツェン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone