コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘンク(英語表記)Genk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘンク
Genk

ベルギー北東部,リンブルフ州の工業都市。リエージュの北約 35kmのケンペンラント (カンピーヌ) 高原の端にあり,かつては小さな市場町であったが,20世紀初めからケルペン炭鉱が開発されて急速に発展,1920年代から重要な工業中心地となった。製鉄,繊維,自動車組立など各種の工業が行われる。人口6万 1376 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘンク
へんく
Genk

ベルギー北東部、リンブルフ州の中心的工業都市。英語・フランス語読みではゲンク。人口6万2949(2002)。1917年から開発されたケンペン(カンピーヌ)炭田の中心でイタリア、トルコなどから外国人労働者を導入し、人口が急増した時期もあった。しかし、60年代の石炭から石油へのエネルギー革命後、国の指導で石炭業の合理化が進められ、90年代にほとんどの炭田は閉鎖された。ハイテク産業の誘致やショッピングセンター、会議・展示施設の建設など産業転換や都市の活性化が図られている。1962年設立のフォード自動車組立て工場は、同国自動車生産の重要な地位を占めている。[川上多美子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android