コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベイエリンク ベイエリンク Beijerinck, Martinus Willem

2件 の用語解説(ベイエリンクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベイエリンク
ベイエリンク
Beijerinck, Martinus Willem

[生]1851
[没]1931
オランダ微生物学者。デルフトの理工科大学の植物学の教授。アムステルダム王立科学アカデミー会員 (1884) ,ロンドン・ロイヤル・ソサエティ会員 (1926) 。 1898年に,モザイク病タバコからしぼりとった液汁を細菌ろ過器にかけたものが,他のタバコをモザイク病にかからせ,さらにこのタバコからのろ過液汁が,また別のタバコを罹患させるというように液汁による感染を幾代にもわたって反復させうることを実験によって示した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ベイエリンク【Martinus Willem Beijerinck】

1851‐1931
オランダの微生物学者。デルフト工科大学教授,アムステルダムの王立科学アカデミー会員(1906),イギリスローヤル・ソサエティ会員(1926)となる。土壌微生物の分野で根粒細菌硫酸還元細菌の発見などの業績がある。窒素固定細菌には彼の名を冠したBeijerinckia属がある。20世紀初頭に,細菌の変異が遺伝子突然変異によるのではないかと指摘し,突然変異説を唱えた同国人ド・フリースとの交渉の可能性も論ぜられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ベイエリンクの関連キーワード階乗NエヌN末端残基de Thou,N.Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Jānībeg KhānJānībek KhānPoliteia tōn Romaiōn

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone