コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベストマン諸島 ベストマンショトウ

2件 の用語解説(ベストマン諸島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ベストマン‐しょとう〔‐シヨタウ〕【ベストマン諸島】

Vestmannaeyjar》アイスランドの南西沖にある島々。アイスランド本土から約10~30キロメートルに位置する。アイスランド語で「西方の人の島々」を意味し、かつてケルト人奴隷が主人であるアイスランド人を殺してこの地に逃げ込んだことに由来する。主島ヘイマエイ島が唯一の有人島。1963年に海底火山の噴火によりスルツェイ島ができたことで知られる。ベストマンナエヤル

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベストマン諸島
べすとまんしょとう
Vestmannaeyjar

アイスランド南西沖にある島々。海底火山の噴火で知られる火山島群で、北東―南西の方向に連なる。「ベストマン」は「西方の人」、eyは「島」、eyjarは「島」の複数を意味し、「西方の人」とは、最初の植民者インゴルフルの乳兄弟を殺した奴隷のケルト人をさす。彼はこの地に逃れたが復讐(ふくしゅう)された。主島ヘイマエイ島Heimaeyはタツノオトシゴ形で、長さ7キロメートル、名称は「家島」の意。他に15島あり、いずれも長さ500メートルに満たない無人島であるが、南西端のスルツエイ島(「火の巨人」の意)は直径2キロメートル、1963年の海底噴火で生じたことで有名。ヘイマエイ島には古い火山があり、中心地ベストマンナエイヤルは2火山に挟まれた良港を有する町。周辺にタラの好漁場があり、アイスランド全国水産額の2割の水揚げがある。町の人口は4522(2000)。1973年1月、東部中央のヘルガフェトル(226メートル。フェトルはアイスランド語で山のこと)に5500年ぶりに割れ目を生じ、火山弾を噴出して町の東半を埋め、3月にはエルトフェトル(221メートル)が生じて溶岩を流したが、水冷作戦が成功して町や港を救った。[浅井辰郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベストマン諸島の関連キーワード総合年表(ヨーロッパ)日本年号一覧姓名/日本のおもな姓氏総合年表(北・東・東南アジア)季語総合年表(アメリカ)総合年表(西・南アジア)名数小辞典日本日本神話の神々

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone