コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベスレヘム・スチール ベスレヘム・スチール Bethlehem Steel Corp.

2件 の用語解説(ベスレヘム・スチールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベスレヘム・スチール
ベスレヘム・スチール
Bethlehem Steel Corp.

アメリカの鉄鋼会社。 1857年創業のベスレヘム・スチールほか8社の持株会社であったユナイテッド・ステーツ造船破産のあとを,1904年に C.シュワッブが引継いで再建した。 05年には全アメリカの1%に満たない生産能力しかもたなかったが,シュワッブの手腕によって急成長し,10年足らずのうちにアメリカ第2位を占める鉄鋼会社にのし上がった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベスレヘム・スチール
べすれへむすちーる
Bethlehem Steel Corp.

アメリカの主要鉄鋼メーカーの一つ。2001年に倒産し、世界的な業界再編を経て、現在はアルセロール・ミッタル。
 ベスレヘム・スチールは1919年デラウェア州法人として設立された。1936年に同社の持株会社ベスレヘム・スチール・コーポレーション(ニュー・ジャージー州)と完全所有の子会社3社を合併している。持株会社ベスレヘム・スチール・コーポレーションは、1904年ユナイテッド・ステーツ・シップビルディングの継承会社として設立され、ベスレヘム・スチール、ハーラン・アンド・ホリングスワースはじめ9社の全株式を取得した。1980年代以降、鉄鋼業界不振のなかで、同社の業績も伸びず、1985年10月には、1939年以来初めて無配に転落した。
 ベスレヘム・スチールは三つの中軸的な鉄鋼生産部門からなっていた。第一は、自動車、建設機器、機械市場向け鋼生産の部門。第二に、主として建設業、コンテナ市場向けの金属建材、屋根材や機械向けの薄板製品を生産する部門。第三は、電気炉や高度な技術を使用した高品質の鋼生産を行う部門である。1996年、同社は不振部門整理のため、非鉄鋼のコークス部門の閉鎖、構造材製品部門の売却などを決定し、負債を縮小させた。また、開発途上国からの安価な鋼輸入に対抗して、1998年には北アメリカきっての鋼板メーカーであるルーケンズLukens Inc.と合併し、その強化を図った。1999年の売上げは39億1500万ドル、欠損は1億8300万ドルであった。2001年に倒産。その後、アメリカの大手鉄鋼メーカーであるインターナショナル・スチール・グループInternational Steel Group(ISG)に買収され、さらにISGは2005年にミッタル・スチールMittal Steel(現アルセロール・ミッタル)に買収された。[佐藤定幸・萩原伸次郎]
 

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベスレヘム・スチールの関連キーワードアメリカの声アメリカ杉アメリカン亜米利加アメリカの没落アメリカの夢アメリカ アメリカアメリカの影アメリカの空USスチール[会社]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone