コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベトッキ ベトッキ Betocchi, Carlo

2件 の用語解説(ベトッキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベトッキ
ベトッキ
Betocchi, Carlo

[生]1899.1.23. トリノ
[没]1986
イタリアの詩人。青年時代をフィレンツェで過し,そこの文学サークルで詩を書きはじめた。第1次世界大戦後,建築の仕事にたずさわり,1952年に最終的に帰国するまで,ヨーロッパ各地を放浪。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベトッキ
べとっき
Carlo Betocchi
(1899―1986)

イタリアの詩人。カトリック系の文芸誌『フロンテスピーツィオ』を創刊。最初の詩集『現実は夢を破る』(1932)以来、日常のささやかなできごとに秘められた宗教的な意味を問い詰めそれを簡潔なことばで表現しようと努めた。現代イタリアで最大のカトリック詩人とされ、代表作は『サン・マルティーノの夏』(1961)、『一歩、また一歩』(1967)。[川名公平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベトッキの関連キーワード階乗テリトリー取り除ける火取りの童反τニュートリノ反電子ニュートリノ反μニュートリノ今夜ひとりのベッドでとんぼとりの日々Nトリスメチルグリシン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone