コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベトナム青年革命同志会 ベトナムせいねんかくめいどうしかい

世界大百科事典 第2版の解説

ベトナムせいねんかくめいどうしかい【ベトナム青年革命同志会】

ベトナムにおける民族解放革命の達成を第一の戦略目標に掲げ,ホー・チ・ミンが1925年6月に中国の広州(広東)で創立した革命的秘密組織。この同志会の活動を通して,30年に創立されるベトナム共産党の政治・思想・組織面の基盤が形成されたといわれる。同志会は上から本部,圻部,省部,県部,支部の五つのレベルに分かれ,これらが民主集中の原則によって組織されていた。本部は宣伝機関紙《タンニエン(青年)》を週刊で発行(1925年6月~27年4月の間に88号まで)する一方,広州で政治訓練学校を開校し,幹部の養成に努めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のベトナム青年革命同志会の言及

【ベトナム】より

… 第1次大戦後,インドシナへの投資が拡大し,北部の鉱業,中南部のゴムのプランテーション,南部の米作の急激な発展は,労働者階級やサイゴンの地主,精米・輸出業者などのブルジョアジー,さらに知識人層を生み出した。この社会変容を背景に,1925年ホー・チ・ミンによってベトナム青年革命同志会が生まれ,これを母体に30年ベトナム共産党が成立し,またグエン・タイ・ホクのベトナム国民党が生まれた。共産党は30‐31年のゲティン・ソビエトの壊滅によって一時打撃を受けたが,チャン・バン・ザオが南部の組織を再建し,タ・トゥ・タウらトロツキスト派と統一戦線を組んでサイゴン市会選挙などに進出した。…

※「ベトナム青年革命同志会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ベトナム青年革命同志会の関連キーワードホー・チ・ミン(人名)ファン・バン・ドントン・ドゥク・タンファム・バン・ドンホー・チ・ミンチャン・フーチャン・フー

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android