コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベニガイ ベニガイPharaonella sieboldii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベニガイ
Pharaonella sieboldii

軟体動物門二枚貝綱ニッコウガイ科。長 5.5cm,殻高 2.3cm,殻幅 0.9cm。殻は紅色,ときに白色,薄質で,前後に細長く,後方へ吻状に伸びる。内面にある 鉸歯は小さく弱く,外套線は深く湾入する。殻の後端はわずかに右に曲る。肉は橙色で,煮るとその色が溶け出る。水管は細く長い。津軽海峡から九州までの潮間帯から水深 10mの細砂底にすみ,左殻を下にして砂にもぐる。殻は貝細工の材料となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ベニガイ

ニッコウガイ科の二枚貝。高さ2.2cm,長さ5.5cm,幅0.8cm。殻は薄く,扁平。普通紅色だが,桃色や白などもある。本州〜九州,沖縄以南に分布し,浅海の細砂底に左殻を下にしてもぐっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベニガイ
べにがい / 紅貝
full blooded tellin
[学]Pharaonella sieboldii

軟体動物門二枚貝綱ニッコウガイ科の二枚貝。本州の津軽海峡沿岸から九州に分布し、潮間帯から水深10メートルの細砂底にすむ。殻長55ミリ、殻高23ミリ、殻幅9ミリに達し、細長く扁平(へんぺい)で薄質。後方へ吻(ふん)状に細く長くなるが、右へわずかに曲がる。殻表は紅色。内面の外套(がいとう)線は深く湾入する。左殻を下にして砂中に潜る。肉は橙(だいだい)色で、煮ると色が溶けて出る。水管は細く長い。貝細工の材料によく用いられる。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ベニガイの関連キーワードヌマコダキガイサクラガイ

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android