コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベニヒセン ベニヒセンBennigsen, Levin August Theophil, Graf von

2件 の用語解説(ベニヒセンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベニヒセン
ベニヒセン
Bennigsen, Levin August Theophil, Graf von

[生]1745.2.10. ブラウンシュワイク
[没]1826.10.3. ヒルデスハイム近郊バンテルン
ドイツ生れのロシアの軍人,将軍。ハノーバーの古い貴族の出身。所領の経済が悪化したため 1773年以来ロシアの軍隊に勤務し,オスマン・トルコポーランドカージャール朝イランとの戦いで戦功をあげ,87年に陸軍大佐。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ベニヒセン
ベニヒセン
Bennigsen, Rudolf von

[生]1824.7.10. リューネブルク
[没]1902.8.7. ベニヒセン
ドイツの政治家。法学を修め,初め裁判官だったが,1856年ハノーバーの下院議員に選ばれるとその職を辞し,J.ミーケルと結んで自由主義派を指導した。 59年小ドイツ主義的な「ドイツ国民協会」の創立に主導的役割を演じ,67年までその議長。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ベニヒセンの関連キーワード片山北海ビターリ(父子)史跡伊藤梅宇伊能忠敬宇野明霞蒲生峠坂本天山サンスーシ宮殿島津重豪

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone