コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベネト Veneto, Bartolomeo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベネト
Veneto, Bartolomeo

イタリアの画家。ベネチア派の肖像画家で,鮮かな色彩と詩的な哀愁をもつ画風は当時の人々を魅了した。生涯は明らかではないが,1505~08年にはフェララに滞在,その他ベネチア,ミラノで活躍したと考えられる。『リュートを弾く人』 (1512,ボストンガードナー美術館) ,『遊女』 (フランクフルトアムマイン美術館) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベネト
べねと
Veneto

イタリア北東部の州。面積1万8368平方キロメートル、人口449万0586(2001国勢調査速報値)。ベネチア、パドバベローナビチェンツァトレビーゾロビーゴ、ベッルーノの7県からなり、州都はベネチア。カーニック・アルプス山脈(北端)、タリアメント川(東端)、ポー川(南端)、ガルダ湖(西端)に囲まれる。山地がほぼ全域を占める北部のベッルーノ県を除けば、ベネト平野が圧倒的部分を占める。1919年以降、化学工業を主軸として発達したポルト・マルゲーラの工業地帯を筆頭に、トレビーゾ県の家庭電化製品の生産、ビチェンツァやスキオにおける毛織物工業、ロビーゴ県の製糖業などの工業活動があげられる。他方、農業も盛んで、とくにトウモロコシ、エンドウ、リンゴ、ニンジン、ブドウなどは全国生産のなかで高い比重を占める。ベネチアやベローナなどの観光都市のほか、ドロミーティ山地、ベネチアのラグーナ(潟湖(せきこ))、ポー川のデルタ、ガルダ湖といった自然が生み出した多様な景勝がみられる。[堺 憲一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ベネトの関連キーワードトレンティノ・アルト・アディジェ[州]フリウリ・ベネチア・ジュリア[州]サンタマリアデイミラーコリ教会サンティマリアエドナート教会サンジョルジョマッジョーレ島サンタマリアアッスンタ大聖堂ベネトン・グループ[会社]フリウリベネチアジュリア州ロッジアデルカピタニアートサンベルナルディーノ教会コスティトゥツィオーネ橋コルティーナダンペッツォバシリカパラディアーナバッサーノデルグラッパロンバルド=ベネト王国キエリカーティ宮殿スクロベーニ礼拝堂リージ・エ・ビージサンロッコ大信徒会バルベリーニ広場

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベネトの関連情報