コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベネベント ベネベント Benevento

3件 の用語解説(ベネベントの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベネベント
ベネベント
Benevento

イタリア南部,カンパーニア州ベネベント県の県都。ナポリ北東約 55km,ナポリアペニン山脈を刻むカローレ川にのぞむ。古代にはマレベンツム,ベネベンツムと呼ばれた都市で,古代ローマの勢力が南へ広がり,アッピア街道が通じると,その要地をなした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ベネベント(Benevento)

イタリア南部、カンパニア州の都市。サバト川とカローレ川の合流点に位置する。古代ローマ時代よりアッピア街道の要衝として栄え、6世紀から11世紀までランゴバルド人が支配するベネベント公国の都が置かれた。ローマ円形劇場トラヤヌス帝の凱旋門などが残っている。紀元前275年、古代ギリシャエピルスの王ピロスがローマ人に敗れた「ベネウェントゥムの戦い」の舞台になった。アーモンドが入ったヌガー菓子トッローネと、魔女を意味するリキュール酒ストレーガの産地として知られる。ラテン語名はベネウェントゥム。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベネベント
べねべんと
Benevento

イタリア南部、カンパニア州ベネベント県の県都。人口6万1486(2001国勢調査速報値)。カローレ川とサバト川の合流点に位置する。古称ベネウェントゥムBeneventum。ローマ時代にアッピア街道の要衝として発展。その後ランゴバルド人のベネベント公国(571~1077)の拠点として栄える。トッローネtorrone(菓子)とストレーガstrega(魔女を意味するリキュール酒)の製造には伝統がある。紀元前275年ギリシアのエピルスの王ピロスがこの地でローマ人に敗れた(ベネウェントゥムの戦い)。地震が多発する。[堺 憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベネベントの関連キーワードカンパーニャサンタルチアカステッランマーレディスタビアカロリーノの水道橋クーマ考古学公園スパッカナポリソルファターラタッソ広場ボーメロカンパニア平野

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベネベントの関連情報