コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベネベント Benevento

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベネベント
Benevento

イタリア南部,カンパーニア州ベネベント県の県都。ナポリ北東約 55km,ナポリアペニン山脈を刻むカローレ川にのぞむ。古代にはマレベンツム,ベネベンツムと呼ばれた都市で,古代ローマの勢力が南へ広がり,アッピア街道が通じると,その要地をなした。中世にはランゴバルドビザンチンから教皇へと支配者が交代し,1860年にサルジニア王国に併合された。コムギ,ブドウ,オリーブなどの集散地。農業機械,煉瓦,マッチ,チョコレート,ビスケットなどを産し,特にアーモンド菓子とリキュール酒ストレガの産地として名高い。 14~17年に建てられたトラヤヌス帝の凱旋門,2世紀建造のローマ劇場や,聖ソフィア聖堂がある。人口6万 2683 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ベネベント(Benevento)

イタリア南部、カンパニア州の都市。サバト川とカローレ川の合流点に位置する。古代ローマ時代よりアッピア街道の要衝として栄え、6世紀から11世紀までランゴバルド人が支配するベネベント公国の都が置かれた。ローマ円形劇場やトラヤヌス帝の凱旋門などが残っている。紀元前275年、古代ギリシャのエピルスの王ピロスがローマ人に敗れた「ベネウェントゥムの戦い」の舞台になった。アーモンドが入ったヌガー菓子トッローネと、魔女を意味するリキュール酒ストレーガの産地として知られる。ラテン語名はベネウェントゥム。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベネベント
べねべんと
Benevento

イタリア南部、カンパニア州ベネベント県の県都。人口6万1486(2001国勢調査速報値)。カローレ川とサバト川の合流点に位置する。古称ベネウェントゥムBeneventum。ローマ時代にアッピア街道の要衝として発展。その後ランゴバルド人のベネベント公国(571~1077)の拠点として栄える。トッローネtorrone(菓子)とストレーガstrega(魔女を意味するリキュール酒)の製造には伝統がある。紀元前275年ギリシアのエピルスの王ピロスがこの地でローマ人に敗れた(ベネウェントゥムの戦い)。地震が多発する。[堺 憲一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ベネベントの関連キーワードピロス(古代ギリシアのエペイロスの王)リウトプランド(ランゴバルド国王)ベネディクツス13世タリアコッツォの戦いシャルル・ダンジューTomoKannoカンパニア[州]ランゴバルド王国クラフチンスキーグレゴリウス8世カリクスツス3世ランゴバルド族レオ[13世]モリーゼ[州]リウトプランドヨハネス14世デッラ・カーサシチリア王国シャルル1世カンポバッソ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベネベントの関連情報