コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベフバハーニー Behbahānī

世界大百科事典 第2版の解説

ベフバハーニー【Behbahānī】

1844ころ‐1910
イラン立憲革命期(1905‐11)のテヘランにおける指導的立憲派ウラマーの一人。タバコ・ボイコット運動に際しては,ボイコットに批判的立場をとったが,立憲運動には積極的に関与した。第1議会(1906‐08)では,ユダヤ教徒を代弁して議席を占めた。続く第2議会(1909‐11)では穏健派に隠然たる影響力を有したが反対派により暗殺された。【八尾師 誠】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

20世紀西洋人名事典の解説

ベフバハーニー
Behbahānī


1844 - 1910
イランの政治家。
1905〜11年にかけてのイラン立憲革命期にテヘランで指導的立憲派ウラマーの一人として活躍、タバコ・ボイコット運動には批判的立場をとり、立憲運動には積極的に関与。’06〜08年の第1議会ではユダヤ教徒を代弁して議員となり、’09〜11年の第2議会で穏健派に影響を与えたが、反対派により暗殺される。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

ベフバハーニーの関連キーワードマルクス経済学バンディエラ兄弟曲芸ペテーフィ新聞小説フレーブニコフ田岡嶺雲ニコラ1世アフリカ神話有島武郎

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android