コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルクール ベルクール Bellecour

4件 の用語解説(ベルクールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルクール
ベルクール
Bellecour

[生]1725.1.16. パリ
[没]1778.11.19. パリ
フランスの俳優。本名 Jean-Claude-Gilles Colson。ポンパドゥール候夫人に見出され,1750年コメディー・フランセーズに入団。以後 28年間座頭をつとめ,A.ル・サージュ,P.ボーマルシェらの作品で人気を博した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ベルクール
ベルクール
Bellecourt, P. Dushesne de

幕末の駐日フランス外交官。 1858年に締結された日仏条約に基づいて 59年初代の駐日総領事兼外交代表に任命され,安政6 (1859) 年来日,三田済海寺を居館とした。宣教師 P.ジラールや M.カションを下僚として活動。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ベルクール Bellecourt, P.du Chesne de

1817-1881 フランスの外交官。
安政6年(1859)初代駐日総領事として来日。弁理公使をへて,文久元年全権公使。開国初期の駐日外交団のなかでイギリス公使オールコックらとともに活躍した。帰国後,チュニス駐在代理公使,バタビア総領事などを歴任した。享年64歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

ベルクール

没年:1881(1881)
生年:1817
幕末のフランスの外交官。安政5年8月13日(1858年9月19日),フランス特派全権大使グロの書記官として来日,9月3日(10月9日)日仏修好通商条約の締結に携わった。翌年初代の駐日フランス総領事兼外交代表に任命され,宣教師ジラールとカションを通訳にして8月10日(9月6日)江戸に着任。文久1(1861)年全権公使,同年に同職の辞任を申し出,元治1(1864)年ロッシュに後事を託した。<参考文献>大塚武松『幕末外交史の研究』

(内海孝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベルクールの関連キーワード外交官グログローフランス共同体フレンチエオニズム河合博之中村博愛林毅陸松井慶四郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベルクールの関連情報