ベルトフ(英語表記)Vertov, Dziga

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルトフ
Vertov, Dziga

[生]1896.1.2. ポーランド,ビアリストク
[没]1954.2.12. モスクワ
ソ連の映画監督。ドキュメンタリー映画ニュース映画の分野で理論と実践両面にわたって活躍,「キノ・グラース」 (映画の眼) の運動を展開した。「キノ・プラウダ」 (映画の真実) シリーズのなかでは『レーニンのキノプラウダ』 Leninskaya kinopravda (1925) が有名。長編記録映画に『レーニンの3つの歌』 Tri pesni o Lenine (34) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ベルトフ

ロシアのドキュメンタリー映画作家,映画理論家。本名デニス・カウフマンDenis Kauhuman。ベロストク生れ。ロシア未来派の影響を受けた詩を書いていたが,二月革命以降モスクワに移ってニュース映画《キノ・ネジェーリャ(映画週報)》の編集に携わる。《国内戦の歴史》(1921年)などを監督した後〈キノ・キイ(映画眼)〉グループを結成し,1921年―1925年に共産党の正当性を映像によって主張した《キノ・プラウダ(映画真実)》を手がける。1928年にはモンタージュを駆使して現実の再構成を試みた,初の長編で代表作《カメラを持った男》を監督した。その後は形式主義と批判され,晩年は不遇をかこった。1950年代後半にフランスで提唱されたドキュメンタリー映画運動〈シネマ・ベリテ〉は《キノ・プラウダ》の仏語訳であり,またゴダールが自らの政治映画グループを〈ジガ・ベルトフ集団〉と名付けるなど,後のドキュメンタリー映画,政治映画に与えた影響は大きい。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベルトフの関連情報