コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルベル諸語 ベルベルしょご

百科事典マイペディアの解説

ベルベル諸語【ベルベルしょご】

ベルベル人の言語の総称。セム語族エジプト語クシ諸語,チャド諸語とアフロ・アジア語族ハム・セム語族)を構成する。北アフリカ一帯に話し手は約1000万人。タマシェク語(アルジェリア,ニジェール,マリ),シルハ語(モロッコ),カビール語,ムザブ語(アルジェリア)等がある。
→関連項目ハム語マグリブ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベルベルしょご【ベルベル諸語 Berber】

アフロ・アジア語族(ほぼ旧来のハム・セム語族に相当。〈アフリカ〉の項の[言語]を参照)の下位グループで,北アフリカからサハラにかけて分布している。東端に分布するのはエジプトのシワ・オアシスのシワ語Siwaで,リビアのソクナ語Sawknah,チュニジアのジェルバ語Jerba,アルジェリアではサハラのムザブ語Mzabi,海岸山地のカビール語Kabyleがある。モロッコでは,リフ山地の多くの方言(Riff),タマジット語Tamazight,シルハ語Shilhaがあり,モーリタニアに入ってゼナガ語Zenagaがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のベルベル諸語の言及

【アフリカ】より

…後期のコプト語Copticとともに消えてしまった言語である。(3)ベルベル諸語Berber サハラ砂漠で話されている言語で,ゼナティ諸語Zenati,タマージグト・リフ・カビール諸語Tamazight‐Riff‐Kabyle,シルハ語Shilha,ゼナガ語Zenaga,トゥアレグ語Tuareg,グアンチェ語Guancheが含まれる。(4)クシ語派Cushitic おもにソマリア,エチオピア,ケニア北部に散る大小多数の言語。…

※「ベルベル諸語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ベルベル諸語の関連キーワードアフロアジア諸語アラビア文字バスク語ハム諸語

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android