コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルベル諸語 ベルベルしょご

2件 の用語解説(ベルベル諸語の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ベルベル諸語【ベルベルしょご】

ベルベル人の言語の総称。セム語族エジプト語クシ諸語チャド諸語アフロ・アジア語族ハム・セム語族)を構成する。北アフリカ一帯に話し手は約1000万人。タマシェク語(アルジェリアニジェール,マリ),シルハ語(モロッコ),カビール語,ムザブ語(アルジェリア)等がある。
→関連項目ハム語マグリブ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ベルベルしょご【ベルベル諸語 Berber】

アフロ・アジア語族(ほぼ旧来のハム・セム語族に相当。〈アフリカ〉の項の[言語]を参照)の下位グループで,北アフリカからサハラにかけて分布している。東端に分布するのはエジプトのシワ・オアシスのシワ語Siwaで,リビアのソクナ語Sawknah,チュニジアのジェルバ語Jerba,アルジェリアではサハラのムザブ語Mzabi,海岸山地のカビール語Kabyleがある。モロッコでは,リフ山地の多くの方言(Riff),タマジット語Tamazight,シルハ語Shilhaがあり,モーリタニアに入ってゼナガ語Zenagaがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のベルベル諸語の言及

【アフリカ】より

…後期のコプト語Copticとともに消えてしまった言語である。(3)ベルベル諸語Berber サハラ砂漠で話されている言語で,ゼナティ諸語Zenati,タマージグト・リフ・カビール諸語Tamazight‐Riff‐Kabyle,シルハ語Shilha,ゼナガ語Zenaga,トゥアレグ語Tuareg,グアンチェ語Guancheが含まれる。(4)クシ語派Cushitic おもにソマリア,エチオピア,ケニア北部に散る大小多数の言語。…

※「ベルベル諸語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ベルベル諸語の関連キーワードオーストロアジア語族クメール語セム語族アウストロアジア語族アジアアフリカ会議アフロセムセム族南アジア語族モンクメール語族

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone