コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベロニーテ ベロニーテ belonite

6件 の用語解説(ベロニーテの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベロニーテ
ベロニーテ
belonite

1911年に発表された K.シュナイダーによる火山の形態分類の一つであるが,現在はほとんど使用されない。火山岩尖とほぼ同義。火山岩尖は粘性の大きいマグマが火道から地表に徐々に押上げられ,ほぼ固結した状態で火口上に突出する火山体をいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ベロニーテ(〈ドイツ〉Belonite)

火山岩尖(かざんがんせん)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

ベロニーテ

(1) 長く伸びた針状の晶子(crystallite)のことで,晶子の端はとがるもの,円くなるものなどがある[Zirkel : 1867].(2) 火山岩尖(volcanic spine)をいう[Schneider : 1911].ギリシャ語のbeloneは針の意味.ストスクッペ(stosskuppe)[Rittman : 1936].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ベロニーテ【Belonite[ドイツ]】

K.シュナイダーが提唱・命名した火山体分類の型の一つで,今では使用されない。溶岩尖塔または火山岩尖火山岩頸を含む。火山鈴木 隆介】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ベロニーテ【Belonite】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベロニーテ
べろにーて

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のベロニーテの言及

【火山】より


[シュナイダーの火山分類]
 ドイツのK.シュナイダーは地球上のすべての火山を,その断面形,溶岩と火山砕屑岩の割合などに基づいて次の七つの基本形(単式火山)に分けて認識できると考えた(1911)。(1)ペディオニーテ(溶岩台地),(2)アスピーテ(楯状火山),(3)トロイデ(溶岩円頂丘),(4)ベロニーテ(火山岩尖),(5)コニーデ(成層火山),(6)ホマーテ(砕屑丘),(7)マール(マール)。括弧内は訳語ではなく,現在使用されている用語のうち,最も近いと考えられるものである。…

※「ベロニーテ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ベロニーテの関連キーワード伸びらか伸び神経線(繊)維球状晶子構造球状晶子バシライトベロナイト棒状晶子両凹形晶子聨珠晶子

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone