コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベンズアミド ベンズアミドbenzamide

2件 の用語解説(ベンズアミドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベンズアミド
ベンズアミド
benzamide

安息香酸アミドともいう。化学式 C6H5CONH2 。無色の結晶で融点 130℃。エチルアルコール,熱水に可溶。塩化ベンゾイルアンモニアから合成される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベンズアミド【benzamide】

安息香酸の酸アミド。水から再結晶したものは無色の柱状結晶。融点128℃,沸点290℃。熱水,アルコールに溶ける。塩化ベンゾイルC6H5COClと炭酸アンモニウムまたはアンモニアとを反応させると得られる。ホフマン分解するとアニリンを生ずる。【小川 桂一郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ベンズアミドの関連キーワードケチルスチレンフェニルアリールベンゾイル基アリール基硝煙反応原子団アニリドイソニトリル

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone