コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベン・バルカ ベンバルカ

2件 の用語解説(ベン・バルカの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ベン・バルカ

モロッコの政治家。ラバトに生まれ,数学と物理の教師になったが,学生時代から政治活動に入り,1944年イスティクラール(独立)党の結成に参加。1954年−1955年イスティクラール党と解放軍,労働組合運動との調整の責任者を務め,1956年3月の独立達成後は党内左派(労働組合系)の代表として諮問議会議長や党書記長の要職についた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベン・バルカ
べんばるか
Mahdi Ben Barka
(1920―1965)

モロッコの左翼政治家。ラバト生まれ。学生時代から独立運動に関心をもち、1944年にイスティクラール党に加盟した。同党と解放軍、労働運動の調整にあたるなかで頭角を現した。左翼勢力を代表する政治家であり、1956年に諮問議会議長、1958年には同党書記長に就任したが、党内右派との対立に敗れて離党し、翌1959年に人民諸勢力同盟(UNFP)を組織して王政に対抗したため亡命を余儀なくされ、欠席裁判で死刑の判決を受けた。国外でも反政府運動を続けたが、1965年10月亡命先のパリでモロッコ官憲により白昼誘拐され、暗殺された。この「ベン・バルカ事件」がもとになって1966年1月から1969年末までフランスとモロッコの外交関係が途絶した。[宮治一雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベン・バルカの関連キーワード代数学タンジールビューローモロッコモロッコ事件モロトフ家鳩モロッコ革ラバトリーAMU

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone