ベースロード電源(読み)べーすろーどでんげん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベースロード電源
べーすろーどでんげん

季節、天候、昼夜を問わず、一定量の電力を安定的に低コストで供給できる電源。ベース電源ともいうが、国際的にはベースロード電源という用語が定着している。原子力発電石炭火力発電、川の流れをそのまま使う一般水力発電、地熱発電などが該当する。ただし日本では2011年(平成23)の東日本大震災以降、多くの原子力発電所が停止したため、火力発電が原子力発電を代替している。日本政府は2014年4月に閣議決定したエネルギー基本計画で、原子力発電を「重要なベースロード電源」と位置づけ、安全性に配慮しながら再稼動すると同時に、一般水力発電や地熱発電など多様な電力源をベースロード電源とする方針を示した。また気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は2014年の報告書で、原子力発電は「ベースロード電源で、温室効果ガスの排出削減に貢献できる」としながらも「リスクやさまざまな障壁がある」と明記した。電源にはこのほかに「ピーク電源」と「ミドル電源」がある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベースロード電源の関連情報