コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペディオニーテ pedionite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペディオニーテ
pedionite

溶岩台地同義。 1911年ドイツの K.シュナイダーが提唱した火山の断面形態などによる分類の一つで,現在ではほとんど使われない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

岩石学辞典の解説

ペディオニーテ

熔岩流の幅が長さと同程度のもの[Iddings : 1909].台地を作る熔岩で,熔岩台地をいう[Schneider : 1911].ギリシャ語のpedionは平な土地をいう.裂罅あるいは多数の火口から噴出した多量の熔岩が広い地域を覆って台地状の地形を示す火山をいう[渡辺編 : 1935].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ペディオニーテ【Pedionite[ドイツ]】

K.シュナイダーが提唱・命名した火山体分類の型の一つであるが,今では使用されない。溶岩台地とほぼ同じ。火山【鈴木 隆介】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペディオニーテ
ぺでぃおにーて
pedionite

溶岩台地と同義。ドイツのシュナイダーK. Schneiderが1911年に提唱した分類による、基本的な火山形態の一型。その分類、とくにこの用語ペディオニーテはその後廃れた。[諏訪 彰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のペディオニーテの言及

【火山】より


[シュナイダーの火山分類]
 ドイツのK.シュナイダーは地球上のすべての火山を,その断面形,溶岩と火山砕屑岩の割合などに基づいて次の七つの基本形(単式火山)に分けて認識できると考えた(1911)。(1)ペディオニーテ(溶岩台地),(2)アスピーテ(楯状火山),(3)トロイデ(溶岩円頂丘),(4)ベロニーテ(火山岩尖),(5)コニーデ(成層火山),(6)ホマーテ(砕屑丘),(7)マール(マール)。括弧内は訳語ではなく,現在使用されている用語のうち,最も近いと考えられるものである。…

※「ペディオニーテ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ペディオニーテの関連キーワードシュナイダーの火山分類熔岩流諏訪

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android