コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペヘレイ 〈スペイン〉pejerrey

大辞林 第三版の解説

ペヘレイ【pejerrey】

〔「魚の王様」の意〕
スズキ目の淡水魚。全長約40センチメートル。体は細長くて円筒形。体側に一本の幅広い銀色の縦帯がある。南アメリカ原産。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペヘレイ
ぺへれい
pejerreyスペイン語
silversidesand smelt英語
[学]Odontesthes bonariensis

硬骨魚綱トウゴロウイワシ目トウゴロウイワシ科に属する淡水魚。スペイン語名は「魚の王様」という意味のPez del Reyに由来する。アルゼンチン、チリ、ペルーなどの河川、湖沼にすむ。体は細長くて、体側に1本の銀色の帯が縦に走る。尾びれの後端は白い。鱗(うろこ)は硬いが、擦れに弱くてはげやすい。全長40センチメートル余り。表層を群れで遊泳し、おもに浮遊する動物を食べる。産卵は水温が15℃の3月ごろから始まって秋に終わり、20℃前後になる5、6月が最盛期である。浅所の植物に卵を産み付ける。卵は薄い緑色を帯び、径1.6ミリメートル、3~5センチメートルの付着糸が6本ある。ヨーロッパや中近東へ移殖され、日本でも1966年(昭和41)から池中養殖され、秋田県田沢湖(たざわこ)、茨城県霞ヶ浦(かすみがうら)、神奈川県丹沢湖(たんざわこ)・相模湖(さがみこ)などに放流された。釣り、網で漁獲される。肉は半透明の白身で、から揚げ、ムニエル、焼き魚、薄づくりなどにされ、かなり美味である。[落合 明・尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のペヘレイの言及

【トウゴロウイワシ】より

…外国産の若干の種は汽水~淡水域にすみ,なかには体型や体色がおおいに異なるもの,大型で食用魚として重要なものも含まれている。1967年,神奈川県の津久井湖に試験放流されたペヘレイは全長60cmに達する。原産地のアルゼンチンでは釣魚として人気がある。…

※「ペヘレイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ペヘレイの関連キーワードカンデラブロ縦帯

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android