コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペルス ライケン Pels Rijcken, G.C.C.

2件 の用語解説(ペルス ライケンの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ペルス=ライケン Pels Rijcken, G.C.C.

1810-1889 オランダの軍人。
1810年1月8日生まれ。オランダが日本におくった海軍第1次教育派遣隊の隊長。安政2年(1855)幕府におくられた軍艦スンビン号(のち観光丸)で来日,同年開設の長崎海軍伝習所で勝海舟ら伝習生に2年間にわたり航海術などをおしえた。のちオランダ海相。1889年5月2日死去。79歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

ペルス=ライケン

没年:1889.5.2(1889.5.2)
生年:1810.1.8
オランダの海軍士官。江戸幕府の軍艦建造の要望に基づきオランダ国王が寄贈した汽船「スンビン号」の艦長。大尉。1855年7月22日に長崎に到着し,同号を幕府に引き渡す。幕府は同大尉以下22名の乗組員を教官として雇い入れ,長崎に海軍伝習所を開設。教育班長ペルス=ライケンは正式なお雇い外国人として,2年間,勝海舟らの幕臣や佐賀,鹿児島(薩摩)藩などの藩士らに海軍の学科,技術などを教えた。生徒らは「観光丸」(スンビン号の改称)を操縦して長崎―江戸間の航海に成功した。カッテンデイケと交代し,帰国後,海相など要職を歴任。<著作>『長崎海軍伝習所の日々』(水田信利訳)<参考文献>高橋邦太郎『お雇い外国人(軍事)』

(影山好一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペルス ライケンの関連キーワードウィルマンオランダ屋敷海軍伝習所海軍奉行咸臨丸軍艦奉行ダッチファビウスオランダ風説書山下岩吉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone