コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペルス ライケン Pels Rijcken, G.C.C.

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ペルス=ライケン Pels Rijcken, G.C.C.

1810-1889 オランダの軍人。
1810年1月8日生まれ。オランダが日本におくった海軍第1次教育派遣隊の隊長。安政2年(1855)幕府におくられた軍艦スンビン号(のち観光丸)で来日,同年開設の長崎海軍伝習所で勝海舟ら伝習生に2年間にわたり航海術などをおしえた。のちオランダ海相。1889年5月2日死去。79歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

ペルス=ライケン

没年:1889.5.2(1889.5.2)
生年:1810.1.8
オランダの海軍士官。江戸幕府の軍艦建造の要望に基づきオランダ国王が寄贈した汽船「スンビン号」の艦長。大尉。1855年7月22日に長崎に到着し,同号を幕府に引き渡す。幕府は同大尉以下22名の乗組員を教官として雇い入れ,長崎に海軍伝習所を開設。教育班長ペルス=ライケンは正式なお雇い外国人として,2年間,勝海舟らの幕臣や佐賀,鹿児島(薩摩)藩などの藩士らに海軍の学科,技術などを教えた。生徒らは「観光丸」(スンビン号の改称)を操縦して長崎―江戸間の航海に成功した。カッテンデイケと交代し,帰国後,海相など要職を歴任。<著作>『長崎海軍伝習所の日々』(水田信利訳)<参考文献>高橋邦太郎『お雇い外国人(軍事)』

(影山好一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

ペルス ライケンの関連キーワード本島藤太夫軍人

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android