コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペーパーカンパニー

大辞林 第三版の解説

ペーパーカンパニー

paper+company〕
税金逃れや債務の移し替えなどを目的に設立される、登記だけしてあって実体のない会社。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペーパーカンパニー
ぺーぱーかんぱにー

法人登記はされているものの、事業の実態のない企業の総称。税務対策、資金調達、投資、悪徳商法などのために設立する名目だけの会社で、事務所や工場などをもたない。イギリス領バージン諸島やパナマなど海外の租税回避地(タックス・ヘイブン)で登記されるケースが多い。なおペーパーカンパニーは和製英語で、英語ではshell companyと表現する。類似用語にダミー会社、幽霊会社などがある。[矢野 武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ペーパーカンパニーの関連情報