コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホイーラー Wheeler, Sir (Robert Eric) Mortimer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホイーラー
Wheeler, Sir (Robert Eric) Mortimer

[生]1890.9.10. グラスゴー
[没]1976.7.22. ロンドン
スコットランド生れのイギリスの考古学者。ウェールズ国立博物館館長,ロンドン大学考古学研究所所長などを経て,1944~48年インド考古調査局の長官。インド各地で遺跡の発掘,調査に従事するかたわら,インド人,パキスタン人考古学者の育成に貢献した。帰国後ロンドン大学教授 (1948~55) 。インダス文明をはじめとするインド考古学,ローマ帝国時代の歴史考古学,考古学理論など多方面にわたり大きな業績を上げた。主著に"Rome Beyond the Imperial Frontiers" (1954) ,"The Indus Civilization" (60) がある。

ホイーラー
Wheeler, William Almon

[生]1819.6.30. ニューヨーク,マロン
[没]1887.6.4. ニューヨーク,マロン
アメリカの政治家。法律家実業家としてバーモントで活躍したのち,ニューヨーク州で共和党員として活動。 1861~63,75~77年連邦下院議員。 77~81年 R.ヘーズ大統領のもとで副大統領をつとめた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ホイーラー【William Morton Wheeler】

1865‐1937
社会性昆虫の進化理論を確立したアメリカの昆虫学者。ウィーラーとも。ミルウォーキーに生まれ,高等学校卒のまま研究を進め,業績によりテキサス大学およびハーバード大学の教授を務めた。アリの研究家として著名であるとともに,不妊の働きバチ(アリ)を持つことを特徴とする社会性昆虫が,親による子の保護の進化の結果生じたという昆虫社会家族起源説を主張した。この説は現在も昆虫社会進化の〈サブソーシャル経路〉として承認されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ホイーラー【John Archibald Wheeler】

1911~2008) アメリカの理論物理学者。マンハッタン計画に加わり、核分裂や原子炉を理論的に研究。戦後は重力の理論や宇宙論に関心を移した。ブラック-ホールは彼の命名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

367日誕生日大事典の解説

ホイーラー

生年月日:1908年1月13日
アメリカの軍人
1975年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

世界大百科事典内のホイーラーの言及

【動物社会学】より

…しかし19世紀末から20世紀初頭にかけての科学主義・客観主義的な風潮のために,動物の社会を認めることは擬人的であるとの批判がおこり,約半世紀は沈黙の時代が続いた。欧米における動物社会の概念の定着には,ファーブルなどで代表されるナチュラル・ヒストリーの伝統と蓄積に加え,シェルデルプ・エッベT.Schjelderup‐Ebbe(1871‐1945)によるニワトリのつつきの順位についての研究,ホイーラーW.M.Wheeler(1865‐1937)らの社会性昆虫の研究,ハワードH.E.Howard(1873‐1940)らの鳥のなわばりの研究などを,動物社会についての先駆的な研究としてあげておく必要がある。また,W.ケーラーやカッツD.Katzなどの動物心理学の影響があったことも忘れてはならないだろう。…

【動物社会学】より

…しかし19世紀末から20世紀初頭にかけての科学主義・客観主義的な風潮のために,動物の社会を認めることは擬人的であるとの批判がおこり,約半世紀は沈黙の時代が続いた。欧米における動物社会の概念の定着には,ファーブルなどで代表されるナチュラル・ヒストリーの伝統と蓄積に加え,シェルデルプ・エッベT.Schjelderup‐Ebbe(1871‐1945)によるニワトリのつつきの順位についての研究,ホイーラーW.M.Wheeler(1865‐1937)らの社会性昆虫の研究,ハワードH.E.Howard(1873‐1940)らの鳥のなわばりの研究などを,動物社会についての先駆的な研究としてあげておく必要がある。また,W.ケーラーやカッツD.Katzなどの動物心理学の影響があったことも忘れてはならないだろう。…

※「ホイーラー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ホイーラーの関連キーワードボーア(Niels Henrik David Bohr)モヘンジョ・ダロ遺跡ノーマ ウインストンマンハッタン計画ブラフマギリ遺跡アリカメドゥ遺跡パット スミスファインマンアンダーソン動物社会学生年月日ホール核分裂原子炉宇宙論重力関心命名戦後

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホイーラーの関連情報