コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホモエレクトゥス ホモエレクトゥス〈ラテン〉Homo erectus

2件 の用語解説(ホモエレクトゥスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ホモ‐エレクトゥス(〈ラテン〉Homo erectus)

《直立する人の意》約180万~5万年前に生息していた化石人類アフリカ猿人から進化し、ユーラシア大陸へ拡散した。ジャワ原人北京原人などが含まれる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ホモエレクトゥス【Homo erectus】

〔直立人の意〕
アウストラロピテクス(猿人)とホモ-サピエンス(旧人・新人)との中間段階の化石人類。原人。前期旧石器文化を伴う。ジャワ原人・北京原人・藍田原人など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ホモエレクトゥスの関連キーワード傷害保険オーバーヘッドアプローチ経度干渉縞ターンタイプ時効来栖けい円谷祐奈傷害特約ヘロディアヌス

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone