コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホルムズ島 ホルムズとう Hormuz

2件 の用語解説(ホルムズ島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホルムズ島
ホルムズとう
Hormuz

ホルムズ海峡にあるイラン領の島。イラン本土より 8km沖合いに位置する。大半の土地は農耕に適さない。かつてケルマーン地方の産物の貿易の市場となり,インド,中国との貿易を独占した。 1514年ポルトガルに占領され,1622年サファビー朝アッバース1世により奪回された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホルムズ島
ほるむずとう
Jazreh-ye-Hormoz

ペルシア湾口のホルムズ海峡に位置するイラン領の小島。面積約37平方キロメートル。同名の港町があるが、これは大陸部のミーナーブ川の河口で栄えていた港町が、モンゴル軍の侵入を避けて1301年に移ってきたものである。1514年にポルトガル人に占領され、ポルトガルの対イラン貿易の拠点となったが、1622年サファビー朝のシャー・アッバースがポルトガル人を追放して以来、バンダル・アッバースに繁栄を奪われた。現在、酸化鉄の採掘や漁業が行われている。[岡正孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホルムズ島の関連キーワードオマーン湾ホルムズ海峡イランイラク戦争イランイランペルシャ湾バンダルアッバース江の島アイランドスパハーパーズアイランド 惨劇の島ミステリアス・アイランド/神秘の島ケシュム[島]

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone