コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホワイトサポテ ホワイトサポテ white sapote

2件 の用語解説(ホワイトサポテの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ホワイト‐サポテ(white sapote)

カリフォルニア・フロリダなどで栽培されているミカン科の果実。果皮は黄緑色、果肉は白色で、少しやわらかくなったころ食べる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホワイトサポテ
ほわいとさぽて
white sapote
[学]Casimiroa edulis Ll. et Lex.

ミカン科の果樹。メキシコグアテマラの標高約2000メートルの高地原産。高さ十数メートル。葉は数枚の小葉からなる掌状複葉で、小葉は披針(ひしん)形で長さ約10センチメートル、暗緑色を呈す。散房花序を腋生(えきせい)し、小さな黄灰色花を開く。萼片(がくへん)、花弁ともに5枚。雄しべは5本。果実は径10センチメートル、果皮は薄く、黄緑色に熟す。果肉は白色から淡黄色を呈し、甘くわずかに酸味がある。種子は5個、紡錘形で淡黄色。果実の成分は全糖20.64%、脂肪0.46%、タンパク質0.06%、粗繊維1.26%、デンプンその他3.92%。[飯塚宗夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホワイトサポテの関連キーワードカリフォルニア工科大学カリフォルニア大学カリフォルニア半島チェリモヤフロリダカリフォルニア米カリフォルニアカリフォルニアロールカリフォルニア巻シーワールドカリフォルニア

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone