コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホーエンローエ

百科事典マイペディアの解説

ホーエンローエ

ドイツの政治家。1866年―1870年バイエルン首相としてドイツ統一に尽力,その後もビスマルクに協力。のち帝国宰相(1894年―1900年)となったが政治的には無力で,ウィルヘルム2世,ビューローらの対外積極論者をおさえられなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホーエンローエ
ほーえんろーえ
Chlodwig Frst zu Hohenlohe-Schillingsfrst
(1819―1901)

ドイツの政治家。南ドイツ、バイエルンの有力貴族。反プロイセン意識の強いバイエルンにあって、早くからプロイセンによるドイツ統一を支持し、プロイセン・オーストリア戦争後、一時バイエルン首相となった。第二帝国成立後、帝国議会議員としてビスマルクの政治を助け、1880年代以降、駐仏大使、エルザス・ロートリンゲン(アルザス・ロレーヌ)総督を経て、1894年、帝国首相に就任した。高齢のため、直接、自ら前面に出て指導することなく、外相やプロイセン内相にその任務をゆだねた。彼の下で、「結集政策」といわれる支配体制基盤の再編がなされ、対外的には海軍拡張、中国への進出など世界政策が開始された。[木村靖二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

ホーエンローエ

生年月日:1819年3月31日
ドイツの首相
1901年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

ホーエンローエの関連キーワードホーエンローエ=シリングスフュルストイェナ=アウエルシュテットの戦いバーデンウュルテンベルク州クリューガー電報事件ウィルヘルム[2世]ホーエンローエ家ワイカースハイムウィルヘルム2世ヘルゴット教会イェーナの戦フランケン生年月日ヒプラー

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android