膠州湾(読み)コウシュウワン

百科事典マイペディアの解説

膠州湾【こうしゅうわん】

中国,山東半島南西部,黄海に面する湾で,天然の良港をなす。海港として古くから開発され,1898年ドイツが租借して青島(チンタオ)市街と港湾を建設,東洋艦隊の根拠地とした。第1次大戦に際し日本が占領,1922年ワシントン会議の結果,中国に返還された。沿岸一帯では天日製塩,漁業が盛んで,遊覧地としてもにぎわう。
→関連項目租借地青島

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうしゅうわん【膠州湾 Jiāo zhōu wān】

中国,山東半島の南岸にある湾。湾口は東西に山地が迫り,黄島,唐島などの島が分布して狭いが,湾内は袋状に広がる。湾奥大沽河(南膠河),膠萊河(北膠河)が流入し,沖積デルタが形成されている。山東半島の山地と,山東丘陵の間にできた断層陥没地の南部が海湾となったもの。南方より華北に至る海運の基地として適当な位置にあり,湾奥の膠県(膠州)は,沖積作用のすすむ以前は海岸に近く,唐代にはその港の板橋鎮アラビアとの交易でにぎわい,宋代には市舶司が置かれたほどであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうしゅうわん【膠州湾】

中国、山東半島南岸の黄海に面した湾。1898年ドイツが租借し、東洋艦隊の根拠地とした。第一次大戦で日本が占領、1922年中国に返還された。湾口に青島チンタオがある。チアオチョウ湾。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

膠州湾
こうしゅうわん / チヤオチョウワン

中国、山東(さんとう/シャントン)省東部、山東(膠東)半島南部の湾。湾口は南東で黄海(こうかい/ホワンハイ)に開き、北東から(ろうざん)岬、南西から薜家(せっか)島が突き出すため狭い。北西では南膠河が流入する。湾内は不凍で、湾奥の膠県(膠州)は良港とされたが、1898年ドイツに租借後、湾頭の漁村青島(チンタオ)が急速に発展し、その地位を譲った。1914年日本に占領され、22年に返還された。湾岸は中国有数の海塩生産地である。[駒井正一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こうしゅう‐わん カウシウ‥【膠州湾】

中国、山東省、山東半島の基部南側にあり、黄海に面する湾。付近に膠州(現在は膠県)がある。一八九八年以来ドイツの租借地となり、湾口の岬に青島(チンタオ)が発展した。第一次世界大戦の際に日本軍が占領。一九二二年ワシントン会議の結果、中国に返還された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の膠州湾の言及

【租借地】より

…すなわち,ロシア,ドイツ,フランスは三国干渉によって日本の進出を抑えたことの報酬と称して事実上の割譲を中国に強要した。ドイツは1897年(光緒23)11月にドイツ人宣教師殺害事件を口実に青島を武力占領し,翌98年3月の条約で膠州湾を99ヵ年の期限つきで租借した。これに刺激されて同じ年にロシアは旅順,大連(各25ヵ年),三国干渉に加わらなかったイギリスもロシアとの勢力均衡を理由に威海衛(期限はロシアが旅順,大連を租借している間)と九竜半島(99ヵ年),翌年フランスは広州湾(99ヵ年)をおのおの租借したのである。…

※「膠州湾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android