コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボカ ボカ Boca

3件 の用語解説(ボカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボカ
ボカ
Boca

アルゼンチンの首都ブエノスアイレスの東部の地区。ラプラタ川にのぞむ港湾地区で,イタリア系住民が多い。同市で最も古い地区で,現在も古い港町,漁村としての面影をとどめている。タンゴ発祥の地としても知られ,赤,朱,青などの原色で彩られた家が並ぶ中心部の通りは,有名なタンゴの曲名にちなんでカミニート (スペイン語で「小道」の意) 通りと呼ばれ,観光客を集めている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ボカ【Boca】

アルゼンチンの首都ブエノス・アイレス市南東部にある港町。スペイン語で〈口〉の意。ラ・プラタ川の支流リアチュエロ川の河口に近い左岸に位置し,かつては移民船の船着場でもあった。19世紀初め以来,イタリア系移民(とくにジェノバ人)が多数住みつき,彼らがタンゴを愛好したことがタンゴ隆盛の一因となったといわれる。今日でもタンゴを演奏する庶民的なレストランが並び,町の一角にはフィリベルトの名曲《カミニート(小径)》を記念した通りがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボカ
ぼか
Boca

アルゼンチンの首都ブエノス・アイレスの南東部、港の一角にある地区。ラ・プラタ川河口左岸に位置し、19世紀後半以降移民の入国や貿易でにぎわった。現在も、屋根の低い、はでな色のペンキで塗られた独特の家並みが残っている。アルゼンチン・タンゴの発祥地であり、ボカを素材として社会派の佳品を多数描いたキンケラ・マルティンの小美術館がある。[今井圭子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボカの関連キーワードブエノスアイレスフストリバダビア亜爾然丁ブエノスアイレス午前零時ブエノスアイレスの熱狂イリゴージェンブエノス・アイレスラ・プラタランチェーラ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボカの関連情報