コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボニファチウス4世 ボニファチウスよんせいBonifatius IV

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボニファチウス4世
ボニファチウスよんせい
Bonifatius IV

[生]?. バレリア
[没]615.5.8. ローマ
バレリア出身の第67代教皇在位 608~615)。聖人。教皇グレゴリウス1世(在位 590~604)の教え子であったとみられ,教皇選出時はローマ教会の助祭であった。ビザンチン皇帝フォーカス(在位 602~610)の許しを得て,609年にローマのパンテオンをキリスト教の聖堂サンタ・マリア・ロトンダに改修した。610年には修道院の規律の回復をめざしてローマで教会会議を開催。イギリスの教会に大きな関心を寄せ,この会議に出席した初代ロンドン司教メリツスを通じ,カンタベリー大司教ローレンスとケント王アゼルベルトに書簡を送り指示を与えた。また,553年の第2回コンスタンチノープル公会議の決定を支持したことで,修道院長コルンバヌスから叱責を受けている。在位中,飢饉や疫病,自然災害に苦しめられた。私生活でも厳格な修道生活を送った。死後,ローマのサン・ピエトロ大聖堂に埋葬された。祝日は 5月8日。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ボニファチウス4世の関連キーワードデウスデディツス万聖節

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android