コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボニントン ボニントン Bonington, Richard Parkes

3件 の用語解説(ボニントンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボニントン
ボニントン
Bonington, Richard Parkes

[生]1802.10.25. アーノルド
[没]1828.9.23. ロンドン
イギリスの画家。 1817年家族とともにカレーに移り,水彩画を L.フランチアに学び,18年パリの美術学校に入学した。 20~21年ノルマンディーセーヌ河畔の風物を水彩画に残し,24年 J.コンスタブルとともにサロンに陳列され,イギリス風景画の存在を認識させた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ボニントン【Richard Parkes Bonington】

1802‐28
イギリスの画家。ノッティンガム近郊で生まれ,15歳でフランスのカレーに移る。画家でもあった父リチャードと水彩画家フランシアF.T.L.Franciaに学ぶ。20歳でパリに出,グロアトリエに入る。闊達な筆致,透明感のある色彩で海景を得意としたが,ドラクロアとの親交でロマン主義的な世界にひかれ,歴史風俗をも描くようになる。作家としての活動はわずか7年で,自身の画風を確立する前に没した。まだ風景画というジャンルの確立していなかったフランス,とくにバルビゾン派に与えた影響は,コンスタブルとともに大きい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボニントン
ぼにんとん
Richard Parkes Bonington
(1802―1828)

イギリスの画家。ノッティンガム郊外に生まれ、1817年フランスのカレーに移る。ここでL・フランシアに伝統的なイギリス水彩画を学ぶ。20年パリに出て、グロのアトリエに入る。ドラクロワと親交を結び、その影響で歴史や東方の風俗を主題にしたロマンチックな作品も描いたが、彼の本領は鮮やかな色彩で明快に描かれた風景画にあった。22年のサロンに出品した水彩画で一躍注目を浴び、24年のサロンでは金賞を受賞したが、26歳の若さで結核に倒れた。その後のフランス風景画に与えた影響は少なくない[谷田博行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボニントンの関連キーワードノッティンガムロレンスノッチンガムイギリス巻ノッチンガム城ノッティンガム城ノッティングヒルカーニバルシャーウッドビジターセンターバーン・ジョーンズ《イギリスのスノッブたち》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボニントンの関連情報