ボビン(英語表記)bobbin

翻訳|bobbin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボビン
bobbin

(1) ミシン下糸を巻く糸巻管の金具。 (2) 紡績用語としては,粗糸撚糸などを巻きつける筒形をした木製,あるいはプラスチック製の糸巻のこと。 (3) 電線を巻いてコイル抵抗器用に使う磁器製やベークライト製の円形,または多角形をした筒など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ボビン(bobbin)

ミシンの下糸を巻く糸巻き。
紡織用具の一。糸を巻いて整理する筒状または棒状のもの。
電線を巻いてコイルを作る筒。陶器など絶縁性のものを用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ボビン

糸巻のこと。紡績用のものは木管とも呼ばれ,木またはプラスチック製の円筒で,スピンドルにはめて紡績された糸を巻き取る。
→関連項目紡車

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ボビン【bobbin】

コイルを巻く、絶縁物で作った筒。
ミシンの下糸を巻く糸巻。
整理用の糸巻。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ボビン

〘名〙 (bobbin)⸨ボッビン⸩
① 紡織用具の一種。糸を巻いて整理する筒または棒。木・ファイバー製など。
② 電線を巻いてコイルや抵抗器を作る筒。磁器などやベークライト製。
③ ミシンの下糸を巻く器具。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボビンの関連情報