コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボランタリー・グループ ボランタリー・グループvoluntary group

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボランタリー・グループ
voluntary group

自発的結社,自主的集団ともいう。特定の利害,関心や欲求の充足を可能にするため,自発的に形成された集団。政党労働組合,職業集団,文化集団などがある。ひとたび形成されれば集団目標の維持,達成のため持続的な忠誠を要求するが,本来,集団への参加,脱退は任意に基づくものであるから自発的に脱退できるのがたてまえである。こうした集団が発生した背景には,近代市民社会に入って,人々が身分や共同体の拘束から解放されたという歴史的事実,さらに第1次集団の機能分化などがあげられる。今日,ボランタリー・グループは巨大化,官僚制化,指導者の寡頭制化が進行して,集団を結成した初期の意図や目的が形骸化する傾向にある。特に巨大化した労働組合や政党などにそれがみられる。オルソンによれば,大きな集団では個人の貢献が集団の獲得する集合財の量に対しわずかな差異しかもたない。そこで利己的で合理的な個人であれば集団に対して真に自発的な貢献をすることはなく,フリーライダーが発生するということである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android