コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボルタの法則 ボルタのほうそくVolta's law

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボルタの法則
ボルタのほうそく
Volta's law

異種の導体の間に生じる接触電位差に関する法則で,同じ温度にある多数の導体を直列に連結したときの両端の導体の間の電位差は,両導体を直接に接触させたときの電位差に等しい。この法則が成り立てば,両端の導体を連結して閉回路をつくっても,接触電位差だけでは電流が流れない。この法則は金属間の接触電位差に対しては成り立つが,金属と電解質溶液との間の接触電位差に対しては成り立たない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ボルタ‐の‐ほうそく〔‐ハフソク〕【ボルタの法則】

2種類の金属を接触させた場合と、別の金属を挟んで直列につなげた場合では、その両端に生じる電位差は等しいという法則。イタリアのアレサンドロ=ボルタが発見。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ボルタの法則【ボルタのほうそく】

同一温度にある2種以上の金属を直列に連結したとき,その両端に生ずる接触電位差は両端に用いた金属を直接に接触させたときに生ずる接触電位差に等しいという法則。A.ボルタが発見。
→関連項目ボルタの列

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ボルタのほうそく【ボルタの法則 Volta’s law】

導体中を電流が流れていないときは,導体中に電場はなく導体全体が等電位になる。しかし異なる種類の金属AとBを接触させると,接触面の両側に電位差ζABが生ずる。これを接触電位差という。次に第3の金属CをBに接触させると,BとCの間に接触電位差ζBCを生じ,したがってAとCの電位差はζAB+ζBCとなるが,この値はAとCを直接接触させたときの接触電位差ζACに等しい。これをボルタの法則と呼ぶ。金属導体Bを電解質溶液でおきかえると,この法則は成り立たなくなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のボルタの法則の言及

【接触電位差】より

…導体A,B間,B,C間,C,A間の接触電位差を,それぞれVAB,VBC,VCAとすれば, VABVBCVCAの関係が成り立つ。これをボルタの法則と呼ぶ。接触電位差の原因は,仕事関数の小さい導体の表面から,大きい導体の表面へと電子が移ることによっている。…

※「ボルタの法則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android