コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボン岬 ボンミサキ

デジタル大辞泉の解説

ボン‐みさき【ボン岬】

Cap Bon》チュニジア北東端、ボン岬半島の先端に位置する岬。古代ローマ帝国の重要な穀倉地帯であり、世界遺産(文化遺産)に登録されたフェニキア人の都市遺跡ケルクアンがある。東岸にはハマメットナブールケリビアなどの町があり、同国有数の海岸保養地としても知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボン岬
ぼんみさき
Cap Bon

北アフリカ、チュニジア北東端、地中海に突出するボン岬半島先端の岬。アトラス山脈の最東端をなす第三紀の褶曲(しゅうきょく)山地がつくる岬で、西側にチュニス湾を抱く。半島は肥沃(ひよく)で、ブドウ、柑橘(かんきつ)類、タバコなどの農園があり、東岸にはケリビア、ゼルテミーム、ナーブル、ハマメットなどの中小都市が並ぶ。[中村和郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ボン岬の関連キーワードケルクアンの古代カルタゴの町とその墓地遺跡古代ローマ帝国エルハワリアシチリア海峡シディダウドベジャイアフェニキアナーブルコルブス穀倉地帯コルバ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android