コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポイティンガー ポイティンガーPeutinger, Konrad

2件 の用語解説(ポイティンガーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポイティンガー
ポイティンガー
Peutinger, Konrad

[生]1465.10.15. アウクスブルク
[没]1547.12.28. アウクスブルク
ドイツの人文主義者。イタリアで法学を修め,ウェルザー家の娘と結婚し,大商人の利益にそってアウクスブルクの市政を指導,神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世の顧問をもつとめた。古ゲルマンの史籍収集のほか,ローマ帝国の碑文なども刊行し,とりわけ『ポイティンガー表』と呼ばれる世界地図 (オーストリア国立図書館) を入手していたことで知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポイティンガー
ぽいてぃんがー
Konrad Peutinger
(1465―1547)

ドイツの人文主義者。アウクスブルクに生まれる。イタリアのパドバボローニャフィレンツェローマで法学を学ぶ。アウクスブルク市庁に勤め、1497~1534年市の書記官として政治、外交に活躍。1530年の国会に南ドイツ大商人のために弁明書を提出した。マクシミリアン1世の勧めで『ラテン銘文集』Inscriptiones Romanae(第一巻1505、第二巻1520)を編集。刊行をゆだねられ死後完成したローマ軍用道路図(12~13世紀の写本)は「ポイティンガーの図」Tabula Peutingerianaとよばれる。[諸田 實]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ポイティンガーの関連キーワード大内教弘専修寺県内の格差問題足利義尚専修寺田代三喜羅欽順金森九条政基後土御門天皇

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone