コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポイティンガー(英語表記)Peutinger, Konrad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポイティンガー
Peutinger, Konrad

[生]1465.10.15. アウクスブルク
[没]1547.12.28. アウクスブルク
ドイツの人文主義者。イタリアで法学を修め,ウェルザー家の娘と結婚し,大商人の利益にそってアウクスブルクの市政を指導,神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世の顧問をもつとめた。古ゲルマンの史籍収集のほか,ローマ帝国の碑文なども刊行し,とりわけ『ポイティンガー表』と呼ばれる世界地図 (オーストリア国立図書館) を入手していたことで知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポイティンガー
ぽいてぃんがー
Konrad Peutinger
(1465―1547)

ドイツの人文主義者。アウクスブルクに生まれる。イタリアのパドバ、ボローニャ、フィレンツェ、ローマで法学を学ぶ。アウクスブルク市庁に勤め、1497~1534年市の書記官として政治、外交に活躍。1530年の国会に南ドイツ大商人のために弁明書を提出した。マクシミリアン1世の勧めで『ラテン銘文集』Inscriptiones Romanae(第一巻1505、第二巻1520)を編集。刊行をゆだねられ死後完成したローマ軍用道路図(12~13世紀の写本)は「ポイティンガーの図」Tabula Peutingerianaとよばれる。[諸田 實]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android