コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポインティング pointing

翻訳|pointing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポインティング
pointing

彫刻の技法の一過程。星取りともいう。木彫や石彫において原形を写し取るために同じ位置の点を求め,印をつけること。この点をもとにして粗彫を進める。普通には彫刻コンパスを使って行う。広く使用されてきたが,20世紀頃から石彫にはこの方法を用いず,直彫する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ポインティング【John Henry Poynting】

1852~1914) イギリスの物理学者。1884年、電磁場におけるエネルギーの流れを示すポインティング-ベクトルを導入したほか、地球の平均密度や重力定数を測定した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポインティング
ぽいんてぃんぐ
John Henry Poynting
(1852―1914)

イギリスの物理学者。マンチェスター近郊のモントンに生まれる。オーエンズ、トリニティの両カレッジで学び、キャベンディッシュ研究所を経て、バーミンガム大学の物理学教授を務めた。1884年に電磁場におけるエネルギーの流れを示す「ポインティング・ベクトル」を導入した。また、万有引力定数の測定、放射圧、相転移、浸透圧などの多方面の研究を行った。晩年にはロイヤル・ソサイエティーの副会長を務めた。バーミンガムで死去した。[井上隆義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ポインティングの関連キーワードアストン(Francis William Aston)スティック型ポインティングデバイスフレンチ・ラフヘアード・ポインターポインティング=ロバートソン効果ジョン・ヘンリー ポインティングポインティングスティックブラッコ・イタリアーノポインティングベクトルポルトガル・ポインターイタリアン・スピノーネ液晶ペンタブレットThinkPadトラックポイント放射エネルギートラックボールトラックパッドインテリマウスタッチパネルポインター種デジタイザー

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android