コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポインティング ポインティング pointing

翻訳|pointing

3件 の用語解説(ポインティングの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポインティング
ポインティング
pointing

彫刻の技法の一過程。星取りともいう。木彫や石彫において原形を写し取るために同じ位置の点を求め,印をつけること。この点をもとにして粗彫を進める。普通には彫刻コンパスを使って行う。広く使用されてきたが,20世紀頃から石彫にはこの方法を用いず,直彫する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ポインティング【John Henry Poynting】

1852~1914) イギリスの物理学者。1884年、電磁場におけるエネルギーの流れを示すポインティング-ベクトルを導入したほか、地球の平均密度や重力定数を測定した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポインティング
ぽいんてぃんぐ
John Henry Poynting
(1852―1914)

イギリスの物理学者マンチェスター近郊のモントンに生まれる。オーエンズ、トリニティの両カレッジで学び、キャベンディッシュ研究所を経て、バーミンガム大学の物理学教授を務めた。1884年に電磁場におけるエネルギーの流れを示す「ポインティングベクトル」を導入した。また、万有引力定数の測定、放射圧、相転移、浸透圧などの多方面の研究を行った。晩年にはロイヤル・ソサイエティーの副会長を務めた。バーミンガムで死去した。[井上隆義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポインティングの関連キーワードスパイラルモデル星取り木彫絵梨子地星取り表釉裏紅鉤勒填彩取り由罅塗波木井昇斎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ポインティングの関連情報