コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポベドノスツェフ ポベドノスツェフ Pobedonostsev, Konstantin Petrovich

2件 の用語解説(ポベドノスツェフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポベドノスツェフ
ポベドノスツェフ
Pobedonostsev, Konstantin Petrovich

[生]1827.6.2. モスクワ
[没]1907.3.23. ペテルブルグ
ロシアの政治家,法律家。モスクワ大学教授を父として生れ,みずからも 1859年より同大学で民法を講じた。皇室の信任を得て,皇太子時代のアレクサンドル3世,その子のニコライ2世の訓育にあたり,また 64年の法制改革に参与,68年元老院議員,72年国家評議会議員などにも任じられ,80~1905年には宗務院 (シノド) 長となって,宗教,イデオロギー政策を担当することとなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ポベドノスツェフ【Konstantin Petrovich Pobedonostsev】

1827‐1907
ロシアの政治家,保守主義思想家。モスクワ大学教授の息子として生まれ,1846年法律学校を卒業。官吏として元老院事務局に勤務したあと,1860‐65年モスクワ大学の法律学の教授となった。その後68年より元老院議員,72年より国家評議会議員,1880‐1905年宗務院長を務めた。彼はロシアの国土の広さ,国民の構成の複雑さ,民心の遅れなどから,ロシアでは何よりも国家と教会の一体化が必要だとして,ブルジョア的改革や西欧文化の輸入に反対した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のポベドノスツェフの言及

【シノド】より

…シノドの制度は,正教会に対する皇帝権力の支配を強化するのに貢献したが,ピョートル1世の意図した正教会の近代化には役立たなかった。19世紀の80年代から25年間にわたってオーベル・プロクロールをつとめた政治家ポベドノスツェフは,革命運動と自由主義的思想を弾圧し,皇帝アレクサンドル3世の反動的政治に協力して,シノドに対する批判を招いた。1905年の革命後,オーベル・プロクロールの職が廃止され,シノドの性格も変わった。…

※「ポベドノスツェフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ポベドノスツェフの関連キーワードモスクワ宣言モスクワ芸術座・モスクワ藝術座モスクワ5000モスクワ国際平和マラソンモスクワ室内管弦楽団モスクワ・ソロイスツモスクワを占領せよモスクワ・ヴィルトゥオージモスクワ音楽劇場バレエ団モスクワ・シティー・バレエ団

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone