コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポベドノスツェフ ポベドノスツェフPobedonostsev, Konstantin Petrovich

2件 の用語解説(ポベドノスツェフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポベドノスツェフ
ポベドノスツェフ
Pobedonostsev, Konstantin Petrovich

[生]1827.6.2. モスクワ
[没]1907.3.23. ペテルブルグ
ロシアの政治家,法律家。モスクワ大学教授を父として生れ,みずからも 1859年より同大学で民法を講じた。皇室の信任を得て,皇太子時代のアレクサンドル3世,その子のニコライ2世の訓育にあたり,また 64年の法制改革に参与,68年元老院議員,72年国家評議会議員などにも任じられ,80~1905年には宗務院 (シノド) 長となって,宗教,イデオロギー政策を担当することとなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポベドノスツェフ【Konstantin Petrovich Pobedonostsev】

1827‐1907
ロシアの政治家,保守主義思想家。モスクワ大学教授の息子として生まれ,1846年法律学校を卒業。官吏として元老院事務局に勤務したあと,1860‐65年モスクワ大学の法律学の教授となった。その後68年より元老院議員,72年より国家評議会議員,1880‐1905年宗務院長を務めた。彼はロシアの国土の広さ,国民の構成の複雑さ,民心の遅れなどから,ロシアでは何よりも国家と教会の一体化が必要だとして,ブルジョア的改革や西欧文化の輸入に反対した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のポベドノスツェフの言及

【シノド】より

…シノドの制度は,正教会に対する皇帝権力の支配を強化するのに貢献したが,ピョートル1世の意図した正教会の近代化には役立たなかった。19世紀の80年代から25年間にわたってオーベル・プロクロールをつとめた政治家ポベドノスツェフは,革命運動と自由主義的思想を弾圧し,皇帝アレクサンドル3世の反動的政治に協力して,シノドに対する批判を招いた。1905年の革命後,オーベル・プロクロールの職が廃止され,シノドの性格も変わった。…

※「ポベドノスツェフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ポベドノスツェフの関連キーワードカニング冬の旅マキシモヴィッチナバリノの海戦カニング伊藤解析河井継之助(かわい・つぎのすけ)県の周産期救急医療システム小栗上野介忠順(ただまさ)薬の調剤ミス

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone