コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポリクロロプレン polychloroprene

大辞林 第三版の解説

ポリクロロプレン【polychloroprene】

クロロプレンの重合体で、合成ゴムの一種。耐熱性・耐老化性・耐油性・耐薬品性などは天然ゴムをしのぐ。ゴムとしてのほか、塗料・接着剤・電気絶縁材料としても用いる。商標名ネオプレン。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポリクロロプレン
ぽりくろろぷれん
polychloroprene

クロロプレンCH2=CClCH=CH2の重合体(ポリマー)で、代表的な合成ゴムの一つ。1931年アメリカのデュポン社からデュプレンDupreneという商品名で市販され、ついでネオプレンNeopreneと改称された。[垣内 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ポリクロロプレンの関連キーワード潜水服接着剤

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android