コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポリチオン酸 ポリチオンさんpolythionic acid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポリチオン酸
ポリチオンさん
polythionic acid

多チオン酸ともいう。一般式 H2SnO6 (n≧3) で表わされる化合物をいう。硫黄原子の数が3,4,5,6であるとき,それぞれ三チオン酸,四チオン酸,五チオン酸,六チオン酸という。いずれも水溶液としてのみ存在が知られている。アルカリ塩は比較的安定。これらの酸は硫化水素を亜硫酸溶液に通して得られるバッケンローダ液中に存在する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポリチオンさん【ポリチオン酸 polythionic acid】

一般式H2[O3SSnSO3](n=1,2,3,……)で示されるS-S-S結合を有する酸。n=5までが確認されている。n=0のジチオン酸dithionic acid H2S2O6もポリチオン酸に含めることもあり,スルファンジスルホン酸sulfane disulfonic acidとも呼ばれる。ジチオン酸は無色無臭で,水溶液としてのみ存在する。空気中で徐々に酸化され,加熱すると硫酸と二酸化硫黄に分解する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ポリチオン酸の関連キーワードワッケンローダー溶液チオ硫酸ナトリウムカートネーションチオ硫酸塩多チオン酸硫黄細菌硫黄泉

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android