コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩素酸 えんそさん chloric acid

5件 の用語解説(塩素酸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩素酸
えんそさん
chloric acid

化学式 HClO3 。塩素酸バリウムに硫酸を作用させて製造する。単離されず,水溶液としてのみ知られている。 40%溶液は HClO3・7H2O に相当し,比重 1.28。この溶液を加熱,蒸発させると塩素,酸素を発生し,過塩素酸となるので濃縮できない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えんそ‐さん【塩素酸】

塩素オキソ酸の一。無色の強い一塩基酸水溶液中でのみ存在。強い酸化剤で、濃水溶液有機物が触れると爆発する。化学式HClO3

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

えんそさん【塩素酸 chloric acid】

化学式HClO3。水溶液としてのみ存在する強酸で,不純物を含んでいたり光が当たると分解するが,純粋の状態では無色の安定な溶液で,減圧濃縮することができる。40%以上の濃厚な溶液になると分解して塩素と酸素を生じ塩酸となる。塩素酸バリウムBa(ClO3)2に硫酸を作用させて硫酸バリウムを沈殿させるか,塩素酸カリウムKClO3硫酸アルミニウムの混合溶液に硫酸を加えてミョウバンを結晶として除けば,水溶液中に塩素酸が残る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えんそさん【塩素酸】

水溶液としてだけ存在する無色の強い一価の酸。化学式 HClO3 強い酸化作用をもち、濃いものは有機物と爆発的に化合する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塩素酸
えんそさん
chloric acid

塩素のオキソ酸の一つで、強い一塩基酸。水溶液中にだけ存在する。化学式HClO3、式量84.46。塩素酸バリウムの水溶液に硫酸を加え、硫酸バリウムの沈殿を除いてつくる。減圧濃縮すると約40%の濃溶液が得られる。濃溶液は硝酸のような刺激臭をもっている。40%以上の濃溶液は、分解して塩素と酸素を発生する。塩酸との混合物は王水に似ている。金属とその酸化物、水酸化物、炭酸塩の多くは、溶けて塩素酸塩となる。硫黄(いおう)、臭素、ヨウ素はそれぞれ硫酸、臭素酸、ヨウ素酸に酸化される。オゾンや過酸化水素に酸化されて、過塩素酸HClO4となる。きわめて強い酸化剤で、濃溶液は有機物に触れると爆発するので、取扱いに注意を要する。[守永健一・中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

塩素酸の関連キーワード亜塩素酸亜硫酸次亜塩素酸次亜臭素酸臭素酸水酸化アンモニウム炭酸ポリチオン酸亜砒酸次亜ヨウ素酸(次亜沃素酸)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

塩素酸の関連情報