コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポリニャック

百科事典マイペディアの解説

ポリニャック

フランスの政治家。ブルボン王党派の貴族。ナポレオン1世暗殺計画に加わり逮捕されたが,のち亡命。王政復古後,1829年外相,次いで首相。反動政策を強行し,アルジェリア遠征に成功したが,1830年七月革命誘発

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポリニャック
ぽりにゃっく
Jules Auguste Armand Marie, prince de Polignac
(1780―1847)

フランスの政治家。名門の出。フランス革命の初期に両親とイギリスに亡命。1804年ナポレオンに対するカドゥーダルの王党的陰謀に加わって1813年まで禁錮に処せられた。王政復古後、上院議員となり過激王党(ユルトラ)派に属した。1823~1829年には駐英大使としてギリシア独立問題などに活躍。1829年8月穏和王党(モデレ)派のマルティニャックにかわって内閣を組織したが、反動的政策によって議会内外の自由主義者の強い反発を招いた。1830年6~7月の選挙で反政府派がいっそう進出すると、シャルル10世の緊急勅令によって議会解散、選挙法改正を命じ、七月革命の直接原因をつくった。革命後捕らえられ、終身禁錮を宣告されたが、1836年恩赦を受ける。[服部春彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ポリニャックの関連キーワード王政復古[フランス]ポリニャック大公マルティニャックラルフ ホジソンサン・ピエールサン・ピエール5月4日ユルトラ9月8日亡命貴族フランスユゴー

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ポリニャックの関連情報