コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポルタレス ポルタレスPortales, Diego José Victor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポルタレス
Portales, Diego José Victor

[生]1793.6.26. サンチアゴ
[没]1837.6.6. バルパライソ
チリの政治家,実業家。 1824年たばこ,酒などの専売事業を営んで財を成した。 30年保守党に入り,31年 J.プリエト大統領のもとで首席閣僚となり,以後7年間事実上の独裁政治を行なった。 33年新憲法を公布し選挙権を知識有産階級に限り,カトリックを重視し,中央集権的寡頭政治体制の原則を樹立した。その結果,政治的安定と経済的・文化的繁栄がもたらされたが,彼自身は,36年ボリビア,ペルー連合の形成に反対してペルーに宣戦,勝利を得たものの,37年部下に射殺された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポルタレス【Diego Portales Palazuelos】

1793‐1837
チリの政治家。サンチアゴ市生れ。名門の出で,商業に従事し,タバコ,酒などの専売で富と名声を得た。独立まもないチリは保守派と自由派の対立で政治的に不安定であったが,ポルタレスは保守派に属し,1830年に保守派が勝利すると,その指導者となった。法による秩序確立のため,専制的な力をふるい,33年憲法の制定など,中南米諸国では例外的な西欧型の立憲政治の制度的基礎を確立した。【吉田 秀穂】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ポルタレスの関連キーワード専売事業実業家

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android